Now Loading...

10月1日は◯◯の日!らしいです!

tatsuya

僕たちの暮らしに欠かす事の出来ないファッションやインテリアにフォーカスを当てぼちぼちアップしていこうと思います。

皆さん10月1日は何の日だったか知ってました??

そうです!

「メガネの日」です!!!wwwww

おそらく知っているのはメガネ屋に勤めている人だけでしょう。。。。。

ちなみに由来としては10月1日を数字に表すと「1001」。それ漢数字に直すと「一〇〇一」になる事から・・・納得いかない方はウィキペディアで調べてくださいw

 

という事で今日はメガネをピックアップしますw

実はワタクシ小さい頃から目が悪くメガネとは長い付き合いです。当初はメガネをかける事がとても嫌でコンプレックスでした。

 

 

しかしこのメガネに出会えた事で人生が変わりましたね。

ray-ban(レイバン)のwayfarer(ウェイファーラー)です。

DSC02495

 

当時高校生だったワタクシはウェイファーラーをプライベートで使用しているレディ・ガガに衝撃を受けました。メガネ=イケてないの概念を崩してくれた思い出のメガネです。ちなみにこのウェイファーラーについては過去4つほど所有していましたが残っているのはこれだけです。カラバリも豊富なので遊べるメガネの代表ですね。

 

 

他にも色々メガネ持っているので自慢・・・じゃなくて紹介しますねw

最近のお気に入りは上のTOM FORD(トム・フォード)のTF5178と下のTHOM BROWNE(トム・ブラウン)のTB011。

DSC02500

 

どちらもスペシャルなアイウェアです。上のトムフォードは映画「シングルマン」でコリンファースが使用していた事でも有名です。光沢のあるブラックボディにゴールドのTマークがとても上品です。

下のトムブラウンも様々な著名人が愛用しているようですが、メガネ界のアカデミー賞といわれるSILMO D’OR(シルモドール)2013グランプリを受賞したアイウェアです。世界的にも注目を浴びている一つです。またジャパンメイドなどでフィット感も最高!

しかし値段もかなりのスペシャル泣・・・中々手が出しにくい金額なのも事実です。

 

ちょっと手が出しやすいとこであればMOSCOT(モスコット)。上のYUKEL(ユケル)と下のLEMTOSH(レムトッシュ)はUSAを感じる事が出来るアイウェアです。

 

DSC02498

 

ユケルについては60年代を代表するスタイルでワークなファッションにとてもマッチします。下のレムトッシュはジョニーデップが愛用している事でも有名です。レンズはもちろん青です。ジョニーのオマージュモデルですw

 

 

やはりジャパンメイドがいい!ってか方には金子眼鏡がおすすめ!

DSC02496

こちらはかなりグッドプライスです。フレームで1万5千円くらいでしょうか。やはり日本製は長時間使用していても全然疲れません。自身もトムフォードを使用する際はこれらのメガネもバックに忍ばしています。やはり海外のメガネはかっこいいけど中々長時間は・・・っていうのが率直な感想ですね。なので日本の眼鏡はやはり良いです!

 

 

最後に番外編w案外丸メガネも流行っているのかな?

DSC02503

 

上は我らがJuly et nicoさんで買ったメガネに青レンズをぶち込みましたwこちらoasisのリアム・キャラガーへのオマージュですw

下はshuron(シュロン)というアメリカの品です。めちゃくちゃくせ者なのでどんなスタイルにも合うアイウェアではないです。しかしヴィンテージライクな方には是非!とくに40〜60年代のファッションにおいては力を発揮するかと!おすすめはしませんが!

 

以上がワタクシのメガネ自慢でしたw

メガネはもはやファッションですね!長文お付き合い頂きありがとうございました。

 

しかし美しいw。。。。

DSC02502

 

instagram:IAM_TA2YA

-tatsuya-

 

暮らし日常の中にあるワクワクや嬉しいこと、知って得すること。イロイロご紹介