都城ソウルフード第10段 『宮元商店の唐揚げ』

IMG_0555-580x386

 

高崎町前田地区にある地元の方に長年愛されてきた「宮元商店」の唐揚げ。
南九州産の若鶏のモモ肉をニンニクやお醤油を入れた秘伝のタレに漬け込み、外は香ばしく、中はジューシー!
高崎町民はもちろん、隣町の方からも運動会の1品や地区の宴会、夕飯のおかずに欠かせない逸品と聞いて今回、お店にお邪魔しました。

IMG_0535

 

宮元商店は、3代目の宮元悦郎さんの祖父母が食料品やお酒などを販売する店舗を大正初期に開店。
戦争で一時期、お店を閉めていましたが、再度戦後に再開し、今は、悦郎さんの息子貞一郎さんと悦郎さんの奥様千津子さんの3人で営んでいます。

 

30年ほど前に地元の方の要望で始まったお惣菜は、今では県外からのお客様もわざわざ買いに来る「若鶏の唐揚げ」と市内のお豆腐屋さんから毎日仕入れる豆腐で作る「揚げ豆腐」「手羽唐揚げ」の3種類。
(注意:お惣菜は予約しないと購入できません)

IMG_0518

 

宮元商店

 

お店は特に大きな広告をしているわけではありませんが、長年変わらない味を守り、手を抜かず丁寧に作り続けてきたことで、お客様の口コミだけでここまで続けて来られたようです。

これぞ地元に、食する人に愛されるソウルフード。

 

数年前、都城出身の俳優の方が紹介してくれたテレビの影響は、今でも続いているようで食べた方からのリピート率も高いという話。
お惣菜が食卓に上がるだけで囲むみんな、美味しい幸せを分かち合えるのでしょうね。

 

唐揚げのお肉の切り方にも一工夫されており、「子供の口でも食べやすいように」「お弁当に入れやすいように」と少し小さめの一口サイズは、宮元さん家族の愛情が詰まっています。

 

IMG_0526-580x386

高崎町前田地区は、少しずつ人口が減り高齢化が進んでいる地域です。

 
地元にもたくさんあった商店も閉店してしまいましたが、「これからも地元のために、少しでも美味しく変わらない味を作り届けていきたい」と、次から次に電話予約のお客様、飛込のお客様(予約なしでしたので、お断りされていました)が来店する忙しい時間にもかかわらず、宮元さん一家は笑顔で答えてくれました。

 

IMG_0564

 
近所の方にも大人気の宮元商店です。
ここはバスの停留所も近いので、毎日立ち寄る方もいらっしゃるようですよ。

 

IMG_0542

 

改めて何度も言いますが、唐揚げや揚げ豆腐は必ずお電話で予約をしてくださいね。

 

 

IMG_0600IMG_0594

 

高崎町内の大牟田農産物加工センター、ラスパたかざきにも数量限定で、衣がついた自宅で揚げる生の唐揚げを販売しています)

【宮元商店】
所在地:都城市高崎町前田3523

電話:0986(62)1344 定休日:不定休

取材協力:宮元 貞一郎さん
★唐揚げ(生)が買える店★
「大牟田農産物加工センター」 高崎町大牟田856‐8 0986(62)5016
「ラスパたかざき」高崎町大牟田1332番地 0986(62)5526

写真・記事:ありサポ

都城ソウルフード第9段 『せとやま弁当 かしわめし』

 

西都城駅前の駅弁屋さん「せとやま弁当」

ここには、駅を利用しなくても食べたくなる地元で長く愛されるお弁当があります。

 IMG_7325

 

かしわめし 

昔懐かしい都城地域の風景は、どこの家庭でも庭先で鶏を放し飼いしていました。

大切な来客のもてなしや祝い事となると、その鶏をつぶしては鶏肉料理でもてなしていました。

かしわめしはせとやま弁当初代のおかみさんが母から受け継いだ家庭料理をアレンジして昭和30年に誕生したのです。

 

鶏の旨味いっぱいのスープと地元のお醤油などで味付けした炊き込みご飯の上に、刻み海苔とほんのり甘い錦糸玉子、そしてしっかりと味が染み込んだかしわのスライスが並びます。

IMG_7936

 

それからずっとこのかしわめしは店の人気No.1の名物弁当です。

当初は、1個80円くらいで長方形の箱にたくわんと奈良漬けを添えていました。

時代は流れ、箱が正方形に大きくなり、ごぼう漬けやうぐいす豆、パイナップルなどが副菜に添えられています。

kako-MXVaSRlcDIRRWTCt

 

米や鶏、たまごなど素材はなるべく地元の物を使います。

 

かしわめしは、子どものころから食べている大好きな味で取り寄せしたいというご要望から冷凍密封包装で全国にも発送しています。

 

 

せとやま弁当

kako-MvR2MbWlowcDTD7Z

~美味しくて身体に良いお弁当を~

塩分控えめで油をなるべく使わないなど健康面にも気を配ります。

自分が食べたもの・お子さんからお年寄りの方まで食べてほしいものをと考えるとやっぱり美味しくて身体にもよく素材がいいお弁当になります。

 

kako-kouC9Kbv6vZnWaFT 

駅弁というのはこの町を知ってもらうきっかけにもなります。

だから地元の惣菜や名物を盛り込んで美味しく仕上げ、この町を好きになってもらえたらと思うんです。

 

『幸せ上々、みやこのじょう弁当』

せとやま弁当(トロフィー)

九州一の駅弁を決める九州駅弁グランプリ(第12回)で見事グランプリに輝いたこのお弁当は、まさに“日本一の肉と焼酎のまち 都城”ならではの豪華弁当!

牛肉は宮崎県特産のマンゴー入りのタレで焼いた南国焼きと角煮揚げに、豚肉は塩こうじ焼き、鶏肉は豆腐ハンバーグにとボリューム満点!

34bf6f569db7ddddc834cbea5e5018e8

 

健康面もしっかり考えてご飯は発芽18雑穀米ともち麦を混ぜ込み、なんと焼酎を隠し味にふっくら炊き上げています。

 kako-JZE64ifdypAWKeRd

 

“都城地域は自然豊かで美味しいものがたくさんあり、人が元気で笑顔が溢れている”そんな想いを詰め込んだお弁当です。

 

 

【株式会社 せとやま弁当】

所在地:宮崎県都城市松元町1−1

電 話:0986-22-1000

営業時間:AM8時~PM5時 (定休日 木曜)

H P:http://www.0986221000.com/

 

 ------------------------------

 

取材協力:株式会社 せとやま弁当 小坂 恭子氏

写真:記事:HARUKA

 

 

都城ソウルフード 第8段 『ぎょうざの丸岡の餃子』

 

 

宮崎県内では知らない人がいないほど人気のやみつきの「ぎょうざの丸岡の餃子」をご紹介します。

 

IMG_9518

 

―始まりは、お肉屋さん―

「丸岡食肉店」はお肉屋さんのお惣菜として餃子をつくることに。

その人気はじわじわと口コミで近所に広まっていきました。

平成元年、クール宅急便の普及により地方配送が可能になると全国各地で「丸岡のぎょうざはおいしい!」と評判を呼ぶようになりました。

 IMG_9523

 

店頭には朝から餃子を買い求めるお客さんの行列ができるようになり、お肉屋さんの片手間仕事では追いつかないと餃子専門店「有限会社 ぎょうざの丸岡」を設立しました。

 

今では、1日50万個を製造販売しています。

 

 

―素材―

餃子の素材はいたってシンプルにキャベツ、豚肉、にんにく、青ねぎ、調味料、そして手作りの皮。

豚肉は南九州産、キャベツ・にんにくは国内の契約栽培農家や市場から直接届き、ネギは100%自社栽培です。

自然のものを使うため、完全な固定したレシピというものはなく、素材の状態に合わせて微妙に配合を変えていかなければ「変わらない味」というのは作れません。

皮は、製法だけでなく小麦の品種、精麦の度合いまでも幾度とない試行錯誤を重ねて生み出した丸岡独自の皮です。

出来上がった餃子は、手作業で優しく丁寧にパック詰めをします。

新鮮な素材を包んだ“生餃子”なので賞味期限が短いのも逆に魅力の一つです。

 

 

 

 IMG_9535

丸岡の餃子は、焼いても、茹でても、揚げてもおいしいと大人気!

スタンダードな焼き餃子は、ちょっとしたコツを覚えれば「カリッ、ジュワー」のプロの味を家庭でも楽しめるようにと焼き方のレシピもついています。

 IMG_9520

 

 

ご飯にもおつまみにもぴったりな丸岡の餃子♡

IMG_9555

パクパク何個も食べられる秘密は、少し大きめにカットしたキャベツがたっぷりだから♪

 IMG_9551

 

タレも特製のこだわりダレ♪

IMG_5494

 

<直売所>

地域活性に繋がればと、鷹尾店の空きスペースに3年前に建てられた直売所には地元生産者さんが持ち込む新鮮なお野菜が並びます。

IMG_5519

どれも手間暇かけて育てたお野菜ですが、とってもリーズナブル♪

その秘密は、地域への恩返しとしてぎょうざの丸岡は生産者さんから手数料や電気料など一切取らないそうです。

現在、7名の生産者さんが旬のおいしいお野菜を並べています。

IMG_5401

IMG_5440

 

生産者さんは皆さん口をそろえて、『お客さんが喜んでくれるのが歓び』とおっしゃいます。

設置からまだ2年ほどですがだんだんファンも増えてきて納品時に「この前のお野菜また出して、美味しかった~」と声をかけられることもあるそうです。

「愛情をかけて育てた分とてもうれしいですよ」と満面の笑顔でお話して下さった素敵な生産者さんたちのお野菜は、私も購入して食べたらやっぱりすごく美味しかったです(*´▽`*)

 

 

 

 

【有限会社 ぎょうざの丸岡】

・中町店  宮崎県都城市中町3-5 (TEL:0986-22-0101)

・鷹尾店  宮崎県都城市南鷹尾町16-1 (TEL:0986-26-3788)

・大根田店 宮崎県都城市志比田町7339 (TEL:0986-51-8989)

・三股店  宮崎県北諸県郡三股町大字蓼池3607-4(TEL:0986-53-4477)

 その他の店舗情報→http://www.gyo-za.co.jp/access.html

 

営業時間:AM10:00~なくなり次第

H P:http://www.gyo-za.co.jp/index.html

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

取材協力:新井氏

写真・記事:HARUKA

 

 

 

 

 

 

都城ソウルフード第7段『中村牧場 中村コーヒー』

 

 IMG_8217

 自社牧場の生乳を贅沢に50%以上使用した特製のコーヒー牛乳です。

こだわりの牛乳の甘みと美味しさを残したいと、砂糖は一般的なものよりも少なめに、原料もシンプルに。

 

甘ったるくなく、優しい甘さと生乳のまろやかな味わいが美味しいとコーヒー牛乳が苦手だった方からも支持されています。

もちろんお年寄りから小さなお子さんも大好きな味です。

IMG_8092

 

 

 

中村牧場

―産地直送―

牛の繁殖、搾乳、処理・加工、販売を一貫して行い、牧場の牛乳を直接お届けすることができるようになりました。

IMG_6974

 

現在は、416頭(うち160頭ほどは育成中)の牛がいます。

小売りの他、学校や保育所などの給食用牛乳としても地域に親しまれています。

 

毎年、県内の学生が実習や見学に訪れ、コーヒー牛乳をとても美味しいと喜んで飲んでくれますよ。

 

―天地無限―

 

IMG_6963

 

牛を中心とした大自然のサイクルの中で、私たちは天の恵みとして牛乳を与えていただいています。

天地・先人へ感謝を忘れず、努力する達人になりたい。

 

美味しい牛乳つくりは土づくりから始まります。

地力を高め良い草を生やし、牛が健やかに育つようにと愛情を土にもかけます。

 IMG_6982

自給自足を目標に、自社の畑に牧草やトウモロコシを植えて飼料をつくり、

牛に与え、その糞を堆肥にまた牧草などを育てます。

 

 w

 

自然の循環の中で中村牧場の牛乳は生まれるのでいっぺんに大きくすることはできません。

贅沢をしたいとは思わないから利益追求ではなく、家族や従業員が生活できればあとは地域や自然に恩返ししたい。

農地を守りながら少しずつ牛を増やして、日本の酪農を残していきたいのです。

自分のやり方がその土地のためになるのかを考えるんです。

 

 

―農を守る―

全国的に酪農家は減り、県内でも700件から150件ほどに激減してしまいました。

仲間が減ることが残念でならない。

IMG_6981

継続的な農業をするためにどうすればいいか地域で知恵を出し合って酪農の魅力を少しでも伝えたい。

全体が良くならないと自分たちだけが良くなってもダメなんです。

地域というのはそういうものです。

 

 

人と人とのつながりを切らないよう日本の農業を衰退させたくない。

農業離れが進む中、地方や農業の魅力を伝えることが使命だと思っています。

 

そして、世代交代する中でも自然を守ることを引き継いで日本の風景を残していってほしいと願うのです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<赤いパッケージが目印♪>

IMG_9513

中村牧場の牛乳は牛が飼育されている農場内に牛乳処理工場があり、朝と夕 搾乳された牛乳をパイプラインんでタンクに貯蔵します。

そのため、外気に一切触れることがなく処理されるので、搾りたての牛乳の風味が損なわれません。

IMG_9507

酸化を防いだ 鮮度が高い中村牛乳は自然の甘みと旨味がコクとなり、味わい深い牛乳です。

  

 

 

【中村牧場】

所在地:宮崎県都城市山之口町富吉3000番地

TEL. 0986-57-2133

 

 

 

————————————————————————————–

取材協力:有限会社 中村牧場 中村 教和氏

写真・記事:HARUKA

 

 

 

都城ソウルフード 第6段 『稲谷製菓の酒まんじゅう』

稲谷製菓

 

IMG_6931

 

一押しは何といってもほっかほかぁ~の酒まんじゅうです。

kako-zSOAjDFRagXnhArK

100%北海道産の小豆を丁寧に炊き上げて二晩寝かせ味をなじませ

まろやかな甘みに仕上げます。

餡は粒餡と白あんの2種。

昔は、こし餡が主流で粒餡は珍しかったそうです。

 

皮は柔らかむっちり♡ ほんのりお酒の香りがします。

酒まんじゅうは、糀の醗酵力を利用して生地を膨らませます。

もともとパン屋をしていた初代は、その培った発酵技術で冷めても柔らかくふんわりした生地を生み出しました。

kako-wSPEnnNN3BbJ9tuD

創業60年だった今でも初代が残したくれた味や製法をずっと守り続けています。

 

 

 

洋菓子専門学校卒業後、神戸の洋菓子店で勤めていた3代目(息子さん)が継いでからは、ロールケーキやシフォンケーキなどの洋菓子もお店に並ぶようになりました。

 

y

洋菓子ですが、黒糖や餡など和の要素を取り入れた稲谷製菓らしい“お茶菓子”に仕上げているのでご年配のファンも多いんです。

 

店内には、飲食スペースもありゆっくりお菓子を頂くこともできます。

 IMG_6896

酒まんじゅうの他、かからん団子やお赤飯、どーんと大きなふくれ菓子などが並びます♪

 u

 

IMG_6933

 

 

―想い―

 

o

店を大きくしたいとかそういった大きな夢はないんです。

今の稲谷が続いてくれればいい。

天災などで原料が入りにくかったりする年もあります。

ですから、地域のお客様が好きだと言ってくれる稲谷の味を毎日変わらずお店に並べられること。

それが何よりの願いです。

 

体調を崩されたご年配の方が、食事をとれなかったのにうちのお菓子は食べられたと聞いたときに人を元気づけられたことが本当にうれしかったです。

r

 

かしこまらず、幼い子供さんが大人になったときに懐かしいと来てもらえる親しみのあるお店でありたいです。

 

 

【稲谷製菓】

所在地:宮崎県都城市菖蒲原町21−5−1

電 話:0986-22-3671

営業時間:AM8:00~PM19:00 (定休日:日曜日)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

写真・記事 HARUKA